遠出と整備関連の記録のブログと暫定的に決定

ページ

検索

ページビュー

2014年11月23日日曜日

内燃機屋にミッションの部品交換をお願いした

キックペダル取付迄の経緯
  1. ebayでキックシャフト周りのアッシが安く出品されていた。安かったので所有しておくだけでもと購入したが、ネットでキックスターターの後付にかかる費用などの話も見て結構費用がかかると知っていたので取付けるかは別の話と考えていた。
  2. 実際キックスターター取付にはトランスミッション部のうち、ドライブシャフトやアイドルギア等の純正部品の追加や交換が必要であり、下記の両リンクのDR200とSEでは互換的な仕様が異なるかもしれないが、比較しての違いではドライブシャフトが長く、キック付きだった旧車種のDR200ではドライブシャフトが長くなっており、クランクケース右隔壁側のベアリングを貫通して突き出し、キックアイドルギアがワッシャーを挟んで付くようになっている。キックアッシだけでなく、これらの部品の交換や追加が必要なようである。(※文中にもありますがキックの付いていた86年式のDR200で考えています)
    • 24130-42A00 / DRIVESHAFT
    • 26260-42A01 / GEAR, KICK IDLE (NT:24)
    • 08211-17221 / WASHER ×2P
  • 作業的にも、ドライブシャフトの交換の為にカウンターシャフトと一緒に取り外さなければならないような構造をしていて、現状の工具環境では到底無理そうで、特工の準備などを含め費用的に実際取り付けるかの判断に迷う。
  • 結局、8月中旬クランクの整備をお願いした内燃機屋さんに問い合わせして持って行ってみると、思いのほか格安にして貰えそうなので、再びお願いした。出来上がって引き取りの際に知ったが、出来上がったミッションの取付自身は引取時にその場で手作業で行って貰ったのを見たので、軸の挿入(ミッションの取付)自身は簡単な模様。部品発注もやってくれた上作業の割に安くしてもらえた。( 全体的な費用を考えるとキック付のジャンクエンジンを入手分解し、ケース右側のみ点検交換したほうが安いだろうにと少々だけ後悔 )

    ※交換をお願いしたもの一覧 (キックアッシは別)
    #Part NumberDescription備考
    1224130-42A00DRIVESHAFT
    1509263-17004BEARING
    2409262-22018BEARING, LH
    2709283-30053OIL SEAL (30X40X6)
    3026260-42A01GEAR, KICK IDLE (NT:24)クランクケースを挟むため、ここの取付は注文のみ
    3108211-17221WASHERクランクケースを挟むため、ここの取付は注文のみ,2点
    3509280-21008O-RING (D:2.5, ID:21)
コメントを投稿