遠出と整備関連の記録のブログと暫定的に決定

ページ

検索

ページビュー

車体紹介

SUZUKI ジェベル200 ( SH42A ) 前期型

  • 諸元など
    • エンジン型式 / H402
      • 圧縮比 / 9.4
      • 内径(ボア) / 66.0mm
      • 行程(ストローク) / 58.2mm
      • 圧縮比 / 9:4:1
      • 点火方式 / フルトランジスタ
      • バルブクリアランス / 0.08~0.13mm
    • キャブレター形式 / Mikuni BST31
      • メインジェット / #122.5
      • ニードルジェット / P-5
      • パイロットジェット / #40
      • パイロットスクリュー / 一回転半戻し
      • 油面 / 13.0±1.00mm
  • 同型・兄弟車
    • 国内 / SX125R,SX200R,DF125E,DF200E,ジェベル125等
    • 海外 / SP125,SP200,DR125,DR200,DR125SE,DR200SE,Trojan,DR-Z125
  • 入手の経緯
    1. 初期は燃費の良い現二のカブか、同型の125cc排気量車種を検討
    2. 決定迄はDF200EやDF125Eも検討したが高価でフロントキャリアなどは不要と判断(後々結局取り付けました)
    3. 上記車種の迷彩に憧れるが白色のカラーリングなら飽きないのではないかと納得,結局200cc排気量のに
  • 感想・気がついた点 /
    • 自分の車体では現状オイル減りしてない (一応プラボトルで予備オイルを常備)
    • (※AG200と比較した限りでは) 低回転でノッキングし始める閾値がやや高目
    • DF200Eとチューン的な違いはリアサス長だけでなくフォーク長も若干異なる
  • 変更・追加箇所 /
    • リアキャリアとヘッドライトガード(フロントキャリア)をDF200E用に交換
    • Goose用オイルクーラー追加 / 休憩時に冷めるのが早くなったかもしれぬ
    • スプロケットをリア45Tから39Tに
    • SX200R用スイングアームに交換 / ※転倒由来でSX200Rとの違いはない
    • SX200R用エキゾーストパイプに交換 / サイドブランチというサブチャンバー付の物に
    • シガーソケット&PND用ステー装備 / ナビがあると飛躍的に楽です
    • テールランプ球のLED球への変更時にナンバー用LED灯とハーネス追加 / ebayの100円位のLEDパネルが付く
    • リアボックスにアイリスのコンテナ追加
  • 良い点
    • 流通が良い分情報がある程度ある
    • 大きく好みな丸ライト
    • 燃料タンクが大きい
    • 車体が軽い
    • 兄弟車に農業・牧畜系バイクのDF200Eがある
    • 作りが簡素に思え学習しやすい ( オフ車全般に言える部分も含み )
    • エンジンにバランサはないが振動は自分の好み
  • 悪い点
    • くせのある命名
    • ミッションは五速
    • 上記の五速に加え200ccという排気量の性質上、高速道路では速度を出せばどうしても高回転気味に
    • 「簡素」とか「シンプル」を反対に言えば、安っぽいとなる
    • サイレンサーが鉄製で錆びやすい
    • 調整しても治らないタペット音
    • クランクベアリング問題
  • 備蓄一覧
    • エンジン / 1
    • サイレンサ / 1
    • フレーム / 1
    • スイングアーム / 1
    • 電装ハーネス / 1
    • レギュレータ / 1
    • Rブレーキドラム / 1
    • Fブレーキローター / 1
    • Rスプロケ(39T) / 1
    • Rスプロケ(45T) / 2
    • 前後ホイール / 1
    • ステム / 1